不整脈疾患

ペースメーカーについて

ペースメーカーとは

不整脈の中には、洞不全症候群房室ブロック心房細動などに代表される徐脈を起こす疾患群があります。これらの不整脈の一部には放置することで、心不全を合併したり、致死的な心停止に発展する可能性のある病態が存在します。

心臓ペースメーカーは、このような場合に、適切な機能を喪失した本来の心臓の刺激伝導系に代わって心筋を刺激し、必要な心収縮を発生させる治療に使用される医療機器です。

心臓ペースメーカーと呼称されるものは、不整脈疾患・心不全治療のために恒久的な使用を前提とした体内植込み式のものを指します。植え込み式のものの中には、心臓への戻り道である静脈内にリードを通して、心臓の内側から刺激を行うようにする経静脈リードと、生まれながらに不整脈に罹患した症例や、弁膜症治療後の症例などで前述の経静脈リードの留置が困難な場合に、直接心臓の外側から刺激を与える心筋リードの2種類があります。

*ペースメーカーリードおよびジェネレーター(電池)

当院の治療概要

  • ペースメーカー植え込み術

経静脈リードの場合;主に局所麻酔下に、左右いずれかの鎖骨の下にペースメーカーを植え込むためのポケットを作成し、同部位からペースメーカーリードを留置します。

心筋リードの場合;全身麻酔下に、心臓の表層を露出して、直接心臓にペースメーカーリードを留置します。基本的にペースメーカーのポケットは腹部の皮下に作られます。

経静脈リードによる植え込み
心筋リードによる植え込み
  • ペースメーカー電池交換術

植込み型ペースメーカーは体内に留置される形態であり、電池が消耗した場合には手術による交換が必要となります。電池はペースメーカー本体の中に封入されていることから、電池交換は手術により本体そのものの交換を意味します。現在使用されている多くの植込み型心臓ペースメーカーはリチウム電池が使用されており、電池寿命が約6~8年となるものが多いですが、電池寿命はペースメーカーの動作様式、出力の大きさ、患者のペースメーカー依存度によって大きく変わります。

Next article

静脈疾患