新着情報一覧

巻頭言

教授挨拶  2020年2月1日より徳島大学心臓血管外科教授に就任いたしました秦 広樹です。徳島大学心臓血管外科は昭和61年に当時の徳島大学第二外科から心臓血管外科研究室が独立するかたちで開設され、加藤逸夫先生が初代教授を務められました。その後2000年に北川哲也先生が第二代教授に就任され、私が三代目に当たります。 私はこれまで冠動脈疾患や弁膜症、心不全といったいわゆる成人心疾患に対する治療を行ってきました。元より徳島大学心臓血管外科は先天性心疾患手術件数が多いことが特徴の一つであり、また、TAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)や大動脈ステントグラフト内挿術などの血管内治療を盛んに行っている点も特徴であります。今回私が赴任させていただき、今後はほぼ全ての心臓血管疾患に対応して参りますし、さらには低侵襲手術や先進的医療も順次すすめていく所存です。 大学病院においては臨床診療のみならず教育、研究も重要な分野です。心臓血管外科に興味のある医学生や若手医師の諸君にとっては、手術手技や周術期管理にとどまらず、医師としての教養や人間性を伝えていくとともに、基礎・臨床研究や論文作成の楽しさを分かち合い、バランスの取れたAcademic Surgeonに育って頂きたいと考えます。心臓血管外科に興味がある医学生や若手医師の皆さんは気軽に見学に来てください。 患者さまに対しては、我々心臓血管外科各分野の専門医だけでなく循環器内科など他診療科や看護部、臨床工学技士など多職種がコラボレーションしたハートチームで診療に当たります。心臓血管疾患の手術は決して怖いものではなく、治療せずに放置しておく方が怖いとも言えます。我々は、徳島県内や近隣にお住いの方々に安全で確実な最善の治療をご提供していくことをお約束いたします。どんなことでもお気軽にご相談下さい。

スタッフ紹介

2021年のご挨拶 「着任後1年を経過して」   2020年2月1日に徳島大学心臓血管外科に着任し早くも1年が経過いたしました。まったく新しい環境での仕事と生活のスタートには少なからぬ不安(と希望)を抱いておりましたが、何とか無事に船出できたかと考えています。これもひとえに地域病院の先生方や院内の循環器内科・麻酔科・集中治療部・臨床工学部・看護部等の多職種の方々と連携して診療にあたってきた成果の現れと考えています。皆様方にはこの場をお借りして御礼申し上げます。  着任時、徳島大学心臓血管外科は私を含め4人での診療体制でしたが、2020年4月より佐村医師が赴任して5人体制となり、成人・小児・大血管・末梢血管・血管内治療の幅広い領域をカバーできるようになりました。おかげさまで手術数も順調に増加し主要心臓大血管手術数は140例を超え過去最多となりました。最近では当科の強みである先天性心疾患手術、TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)や大動脈ステントグラフト内挿術などの血管内治療に加え小切開低侵襲手術(MICS)の施行数も増加しており、国内・外の他施設に遜色ない先端医療を今後も安定してご提供していきたいと考えています。  大学病院の使命には「診療」の他に「教育」と「研究」があります。「教育」面では講義や実習指導でほぼ毎日医学部学生に接する機会があり、心臓血管疾患の病態や外科的アプローチを教えるとともに心臓血管外科の魅力を積極的に伝えてきました。その甲斐もあったのか隔月で開催しているwet labo.には多くの学生(2年生から6年生まで)・若手医師が参加してくれ非常に好評を得ており、今後の医局員増を大いに期待しているところであります。「研究」面では学会発表が数件のみで十分な活動とはいきませんでしたが、今後も臨床研究から学会・論文発表を継続的に行い基礎研究にも幅を広げていきたいと考えています。  この1年間では専ら「診療」「教育」「研究」の土台構築を行ってきましたが、今後は各領域でさらなる飛躍を目指して新たなチャレンジを継続していきたいと考えています。また、当HPをご覧の患者様とそのご家族の皆様には「安心を与える医療」の提供をお約束いたします。  今後とも徳島大学心臓血管外科を宜しくお願い申し上げます。 徳島大学心臓血管外科教授秦広樹 スタッフ 役職 大学院教授/科長; Professor & Chairman 氏名 秦 広樹; Hiroki Hata, MD. PhD 学歴 1997年 大阪大学医学部医学科 卒業 資格 心臓血管外科専門医・修練指導者、外科専門医・指導医、日本移植学会移植認定医、植込型補助人工心臓実施医、難病指定医、身体障害者指定医、日本組織移植学会認定医 専門分野 心臓血管外科全般 外来日 火曜日 所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会(評議員)、日本心臓血管外科学会、日本人工臓器学会(評議員)、日本移植学会、国際心肺移植学会、アジア胸部心臓血管外科学会、欧州胸部外科学会、日本再生医療学会 役職 大学院准教授/副科長; Associate Professor & Sub-Director 氏名 北市 隆; Takashi KITAICHI, MD. PhD 学歴 1989年 徳島大学医学部医学科 卒業 資格 心臓血管外科専門医・修練指導者、外科専門医・指導医、植え込み型除細動器専門医、ペーシングによる心不全治療専門医 専門分野 先天性心疾患 外来日 火曜日、木曜日 所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本循環器学会、日本静脈学会、日本不整脈学会、日本小児循環器学会 役職 特任講師/病棟医長; Specially Appointed […]

教室沿革

昭和31年 (1956年) 徳島大学医学部附属病院で初めて心臓手術が施行される 昭和52年 (1977年) 徳島大学第二外科が担当し、心臓血管外科手術が施行されるようになる 昭和61年 (1986年) 徳島大学医学部附属病院心臓血管外科 開設 初代教授として、第二外科 加藤逸夫 講師が選任され、就任する 平成11年 (1999年) 加藤逸夫 教授 退官 平成12年 (2000年) 2代目教授として、北川哲也 助教授が選任され、就任する 平成15年 (2003年) 徳島大学医学部器官病態修復医学講座循環機能制御外科学分野へ改組される 徳島大学医学部附属病院・歯学部附属病院が統合し、徳島大学病院となる 附属病院外科系診療科が統合され大診療科制となり、外科部門の小診療科として再編される 平成16年 (2004年) 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 再生修復医歯学部門 器官病態修復医学講座 循環機能制御外科学分野 へ改組される 平成20年 (2008年) 組織名称変更に伴い、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 再生修復医歯学部門 器官病態修復医学講座 心臓血管外科学分野 へ改称される 平成27年(2015年) 徳島大学大学院医歯薬学研究部 器官病態修復医学講座 心臓血管外科学分野 へ改組される 令和2年(2020年) 3代目教授として、秦広樹教授が選任され、就任する